ペット葬儀

葬儀で後悔しない

1 事前に探す

失礼かとも思われますが、あなたがペットのお葬式で後悔しないために、普段から納得のいく葬儀業者を時間をかけて、探しておくことが大切です。ホームページでそれぞれの業者を見比べたり、パンフレットを取り寄せたりするのもいいでしょう。もしものときはいつ訪れるのかは分かりません。そのため、備えだけは、やっておくと良いでしょう。

また、納得のいく葬儀を行いたいと思うのでしたら、自分チや家族がペットの争議に対してどうして欲しい、このように行って欲しいなどの希望があれば、ハッキリさせておくことが必要です。葬儀についての考えをまとめることで、どういう基準で葬儀社を選ぶかが明確になりやすく、疑問や問題点、さらには費用についての具体的な質問を直接相談することができると思います。ここまでしておくと、突然の「死」にショックを受けてしまっていても、納得のいく葬儀業者を呼ぶことができます。

それと、ペット葬儀業者と一言でいっても、地域密着型業者と、圧倒的な低価格で勝負している業者、個性的な葬儀を得意としている業者など、それぞれに特徴があります。動物病院や知人から良い業者だと紹介を受けたとしても、紹介者と自分との「ペットの葬儀」に対する考え方や、価値観、選択の基準が違えば、後から後悔することにもなりかねません。もちろん口コミはいいものですが、「どのような葬儀なのか」までを明確に聞いておきましょう。

葬儀業者を決める際には、自分や家族のこだわりと一致する業者を見つけておきましょう。

2 ペットの供養

ペットの供養の仕方はいろいろあります。一般的にはお墓を立てる、ペットの写真を仏壇に置く、毎日お供えをするなどです。しかし、供養の仕方は飼い主の価値観や考え方、また、宗教や国、文化によっても変わってくるでしょうが、そもそもペットは人間の宗教は知らないでしょうから、決まった供養のしかたというのはありません。そのため、家族で話し合って、飼い主が思うように供養するのが最も良いと思います。

しかし、供養の方法よりも大切なのは、ペットも対しての感謝の気持ちを伝えることです。別に口に出して言わなくても手を合わせて、「楽しかったよ、ありがとう」と心の中で思えば、ペット達も満足して、成仏してくれるでしょう。

飼い主の中には「自分のせいだ!」と、自分を責めてしまう方もいると思います。確かにその気持ちは良く分かります。特に病気などで死んでしまったら、「何でもっと早く気づいてやれなかったんだ!」と思うでしょう。しかし、「死」というものはどんなにあがいても、いずれやってきます。あなたが自分を責めてばかりいては、ペットも成仏できないでしょう。ペットのことを思うのなら、自分を責めすぎないで、早く立ち直り、「ありがとう」と伝えましょう。

3 ペットのメモリアルグッズ

◇天使のつばさ

肌触りの良いシルク、落ち着いたデザインのエンジェルポシェットに包まれながら、ペットは天国へと上って行きます。この「天使のつばさ」は特殊素材を使用した内袋のエンジェルパックは、奴隷アイスなど保冷財を必要とせず、ペットを数週間、室内に衛生的に安置できます。

◇ワンハート・ストーン

家族の一員として暮らしてきたペットの面影を思わせる、デザインに仕上げられたペットのお墓です。その材料は粘土から御影石までさまざまです。それを職人さんが手作りで作られます。外見は置物のようで、自然に置いて置くことができますので、玄関や自室、リビングなどお気に入りの場所において祀ってください。

check

エクステ 心斎橋
http://hair-exte.net/

2017/2/20 更新

ご意見・ご感想