ペット葬儀

ペットロス症候群1

1 ペットロス症候群とは

「ペットロス症候群」とは「症候群」とありますが、これは病気というわけではありません。ペットとの死別をきっかけに発生する精神的・身体的な不調のことを言います。症状としては、うつ病や不眠障害、食欲不振などが現れます。

ペットに愛情をかけた分、暮らした期間が長ければ長いほど、その悲しみは大きくなるのでしょう。「自分のせいで」と自分を責める気持ちも多少はあるのかもしれません。「ペットが死んだくらいで」、「また新しいのを買えば?」と周囲の心無い言葉のため、ひどく落ち込むこともあるでしょう。また、「いつまでも悲しんでいては、ペットが成仏できないよ」という慰めの言葉でも、辛い言葉と、とらえてしまうかもしれません。

でも、あなたが感じている悲しみは、そのペットに対しての愛情があったからなのです。時間があなたの心の傷を癒して、立ち直る事ができれば、いつもの生活の戻ることもできるでしょう。深い悲しみを乗り越える頃は、前向きに生きることが出来ると思います。

2 人だけじゃない

 

中には、多頭飼いしている方もいると思います。その場合、一匹がなくなると、他の子がペットロスになることがあるそうです。元気がなくなる、食欲がない、脱毛などの症状が出るそうです。兄弟が無くなったようなものですから、不思議はありません。しばらくは注意して様子を見て、ひどいようなら獣医さんにみてもらいましょう。新しくもう一匹を迎えることで、元気を取り戻すこともあります。

3 具体的な症状

ようやく日本でもペットロスのことが少し知られるようになりましたが、まだ一部の人しか知られていないようです。このことは、ペット葬儀業者の中にも、理解しきってない方もいるようです。全従業員が、ちゃんと理解しきっている所は多くないようです。そのため、ペットに関しても葬儀を行うことは必要だと認識しましょう。ペット葬儀を行っている葬儀社は埼玉や千葉、東京や大阪などいくつもあります。まず、ペット葬儀について問い合わせて真摯に対応してくれる葬儀社を選ぶことが必要です。ここではそんな方達にも理解を深めてもらうことができるでしょう。

まず、ペットロスとは「ショックなどのため、急激的な変化した心理状態のこと」を言います。

●茫然として何も考えられない。
●周りに対する怒りを感じる。
●自分への罪悪感にさらされる。
●やる気がおきなくなり、拒食症になる事もある。
●急に悲しくなったりなど、感情が不安定になる。

このような症状があり、このような状態の期間や程度は飼い主さんによって差があり、一概に言えません。ただ、ペットをとてもかわいがる、いわゆる「依存」ほどのようになっていると深刻なペットロスから中々抜け出すことができないという場合が多いです。ただ、ここで理解して欲しいのは、程度の差があってもすべての飼い主にペットロスは訪れます。飼い主は自分の感情ができなくなっても、それを異常だとして自己否定したりはしないでください。

また、ペットを亡くした飼い主の周囲の方とペット葬儀業者の方は、そのような心理状態を汲み取ってあげる努力をして欲しいです。
また、余談になりますが、ペットロスの克服に新しいペットを飼うのもいいと思います。新しいペットを飼うことでペットを失った気持ちを和らげて下さい。

ペットロスとの向き合い方へ

Valuable information

Last update:2014/11/6

ご意見・ご感想